2005年12月17日

ダークアイ

前回のレッスン(2週間前)で、音楽センター中級の「ダークアイ」を自主的に練習していって、先生に初めてきいてもらった。
それはわりとやさしい編曲のものだった。左手は最初から最後までブンチャッチャ。

一回弾いた後、先生が驚いたように「ダークアイがやりたいのなら!ちょうど今楽譜をもっているから」と出してくれたのが、パーマヒューズ編曲のものだった。聞けば、クラシックだけでなく定番曲も弾いてみたいという生徒Mさんのためにちょうどもってきていた楽譜だったらしい。そのMさんは、先日のJAAコンクールでは上級の部で演奏していた人。

Mさんが弾くような曲なんて、私には無理では?という尻込みする気持ちは強かったけれど、次はダークアイを練習したいと事前に言っていたわけでもないのに、ちょうどその日に先生が楽譜を持ってきていたというのも、何か偶然ではおさまらないような運命を感じもしたので(大げさ)、前向きに考え、思い切って挑戦してみることにした。

パーマヒューズ編曲の「ダークアイ」。
たぶん私が今までに挑戦してきた中で一番難しい曲。
右手は右手で指がもつれそうだし、左はベースソロのオンパレード!何せブンチャッチャがほとんどない。
メロディを右と左でおいかけっこするような、アコーディオンソロの真骨頂的見せ場が盛りだくさん。

まだ全然弾けない。
今日のレッスンでは右手と左手べつべつに見てもらった。
でも、右手だけでもつっかかるし、左手なんか、コード表を見て音を探さないと場所がわからなかったり。
練習していても両手であわせられないのでいっこうに曲らしくならず落ち込む。

しかし、なんとかこの曲が弾けるようになったら!
そのときは私の「ベースソロ苦手の壁」を少し越えられているような気がする。
夫の「ブンチャッチャ以外の伴奏弾けないの?」という言葉にも返せるような気がする。
この曲のベースソロが弾けるようになれば!



posted by marie at 23:57| Accordion | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。