2006年01月11日

アコる・デ・ノンノンを応援します

アコる・デ・ノンノンをご存知だろうか?
私は遅ればせながら、年末のBellows Lovers Night Vol.5の開演前ロビーパフォーマンスで初めて彼女を見た。

一目見たら忘れられないインパクトのある外見。
金髪のカツラに派手な衣装、ドラァグクイーンを思わせる大げさなメイク。

「愛の賛歌」を弾きながらお客ににじり寄ったり、タップを踏みながら演奏したり、ローラーボードの上でバランスをとりながら演奏したり、アコーディオン弾きというよりはクラウンに近いパフォーマンスといえるだろう。

誰もが知っている名曲をとても楽しそうな笑顔で弾く彼女は、よく間違える。
クラウンがわざと失敗してみせるのではなく、本当に間違ってしまったようにも見えるのだが、
「間違っちゃった~」と笑顔で言いながら弾きなおす姿が愛らしいので許せる。

一目見ただけで私は彼女にとても惹かれた。

いや、愛らしいという理由だけではない、彼女は間違いさえ「表現」として魅せている。
れっきとした表現者たる姿に惹かれたのだ。

nonnon.gif

実は、先日、mixiでノンノンのマネージャーさん(?)からリサイタルのお誘いメッセージをいただいた。ノンノンのブログにもあるけれど、日々の宣伝活動はなかなか大変のよう。

私はそのメッセージをいただく前から、なんとか行きたいなと思っていたが、
これを読んでノンノンを見てみたいなという方は是非リサイタルへ!

-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-

アコる・デ・ノンノン パラシュートリサイタルVOL.1

2006年3月17日(金)
開場18:30 開演19:30
CLUB CITTA'(JR川崎駅)
前売3000円 当日3500円(全席自由)

詳しくはコチラ
http://pinkparachute.jpn.org/top/img/paravol1.htm

-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-

オフィシャルサイト「アコるーむ」では、奇抜な衣装メイクで愛嬌を振りまき、お客いじりをしている姿からは想像できない繊細なアコる・デ・ノンノンの日々の苦悩(?)が読める。単身フランスに渡り、カフェ演奏などもしていたようだ。たくましいな。

頑張れ、ノンノン~。

アコるーむ
http://pinkparachute.jpn.org/top/


posted by marie at 19:36| Accordion | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。