2006年02月11日

パリ旅行~無念編~

パリに行ったらアコーディオンのお店や楽譜屋さんに行ってみようと思っていた。カブトガニさんにはいくつものお店のアドレスを教えていただいた。

しかし、3日間のうち、1日め(土曜)はパックの市内観光ツアーで半日とられてしまい、2日め(日曜)はまるまる一日ベルサイユ宮殿とその庭園に費やしてしまい、3日めは平日なのになぜか閉まっている店が多く、他の場所などもまわっているうちに、あっという間に時間オーバーに。結局、パリでアコーディオン(楽譜)専門店にいくという計画は失敗に終わってしまった。無念。

oscar.gif

意気揚々と出かけた楽譜屋さんOscar Music。
閉まっている店の前で、無念そうににらむ私。
悔しい。本当に悔しい。
やっぱり3日間じゃ短すぎる!

Pigalleのまわりはギター中心の楽器屋さんが多かった。
ちょっぴりお茶の水の楽器屋街のような雰囲気。

band.gif

一日め、バスツアーの帰りに迷い込んだRome通りにも楽器屋さん通りのようなものがあった。
こちらはPigalleよりもアカデミックな雰囲気が強く、バイオリン工房や管楽器、弦楽器を専門に扱うお店やピアノ譜専門店などが目立った。バイオリンらしきケースを背負った人と何人もすれちがったので、もしかしたらこの近くに音楽学校があるのかもしれない。

写真は、たまたまショウウインドウで見つけたバンドネオン。

***********************************

パリに行かれる方のために、先日コメント欄で教えていただいたパリのアコーディオン店情報をこちらに転載いたします。

アコ専門店リスト


posted by marie at 18:24| Accordion | 更新情報をチェックする

パリ旅行~アメリ編~

「パリでどこが一番よかった?」と会社の人にきかれた。
どこも良かったから一番なんて選べないと思いつつも私は、モンマルトルと答えていた。

エッフェル塔や凱旋門やノートルダムなどの名所は、誰もが知っているだけあって、さすがに美しいし、一度見る価値はあると思う。とても綺麗だったし圧倒されたし、素敵だった。
mon09.jpg

でも、私はそれよりもなんの変哲もない街並が好きだ。
メトロにほとんど乗らず、パリの石畳の道を歩きまわったおかげで、足は痛くなったけれど、パリの街並の風景が目に焼き付いている。

mon04.gif

パリの街並の中でも、モンマルトル散策はとても楽しかった。
ユトリロの絵にありそうな場所がめじろ押し。
行く前にもっとユトリロの絵をいろいろ見ておけばさらに良かったかもしれない。


amelie.jpg

そしてモンマルトルといえば、やはり「アメリ」。
夫婦そろってアメリ好きなので、今回の旅行は「アメリ」な場所をまわるということが私達の暗黙の共通項となっていた。
パリ旅行に出かける前に二人で何度も何度も「アメリ」のDVDを見てばっちり"予習"した。

2mouluns.jpe
カフェ・ドゥ・ムーラン。
おしゃれなカフェというよりは、商店街の中にあるごく普通の喫茶店という感じ。TABACコーナーがなかったり、席の配置が違っていたりして、映画のイメージ通りというわけではない。でも「アメリ」のポスターははってある。


店内にはやはり「アメリ」好きと思われる日本人女性が10人ほどいて、カフェやクレームブリュレを注文している。わたしたちはショコラ・ショウを注文。お店の人が忙しいらしく、注文してもなかなかこない。周りを見渡すと日本人客ばかり。ここは日本?

colin.jpg

コリニョン食料品店。
土日は休みの店が多いときいたので月曜日に行ったのだが、閉まっている。
月曜定休なのだろうか? この周辺の店も閉まっているところが多く、さびしい印象。

colin02.jpg

ここにも「アメリ」のポスターがはってある。
カフェ・ドゥ・ムーランよりも映画のイメージが維持されている。
ここはもともとは違う名前の店だったのに、アメリ出演以降、映画と同じ「コリニョン」という店名に変えて、映画の際のデコレーションを残しイメージを維持するよう努力しているらしい。
緑色のシャッターには、野菜や果物が並べられているかのようなかわいらしいイラストが描いてある。

sacre.jpg

サクレクール寺院。
アメリとニノの追いかけっこ(?)を思い出す。ガイドブックに「かなり急な坂なので、階段をのぼるのがつらい人は横のモノレールを利用しよう」などと書いてあったが、そんなにものすごい階段というわけではない。

ここにくるまえに旅行会社のガイドに「サクレクールは刺繍糸で編んだミサンガを強引に売り付けようとする黒人達に要注意。ノンメルシーと言って強く拒んで!人気の観光スポットだからスリや置き引きにくれぐれも気をつけて。治安は決して良くありませんよ」などと口をすっぱくして注意されたので覚悟していたが、わたしなんて全然声すらかけられなかった。

sacre02.gif


それなりに荷物などに注意さえしていれば、全然問題ない場所だった。夜は知らないが、少なくとも昼間訪れるぶんには、景色の良いのどかな公園という感じで、ほのぼのする場所だ。

merry.gif

アメリに出てきたメリーゴーランド。


sacre.gif

サクレクールの中は一切撮影禁止で、入口でカメラを持っていると注意される。帽子をかぶって中にはいろうとする人も、帽子をとるよう注意され、私語厳禁。
「さすが本場の教会施設は厳格なんだなあ」と感心したが、その後に行ったノートルダムでは、カメラもビデオもOKだったし、帽子や私語も注意されている様子はなかった。あのノートルダムよりも厳格なサクレクールって一体・・・?





posted by marie at 18:02| パリ旅行 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。