2006年05月25日

アコーディオン貯金に使える!?

メインバンクではないが、ささやかな貯金口座としてネット銀行のイーバンクを使っている。
イーバンクのメリットは、なんといっても金利が高いこと。

ネットのつながる環境であれば、365日24時間いつでも利用できる。周囲からは「信用できる?安全?」といった反応をされるが、もし何かあっても最大300万円まで保証されることだし、私はその枠を超えることはまずないような少額貯金なので全く問題がない。

さて、イーバンクのホームページを見ていたら、あるバナーのイラストが目にとびこんできた。
アコーディオンだ!

満期特約定期預金 アコーディオン
banner_main10.gif

「アコーディオン7」は最長7年、「アコーディオン5」は最長5年、満期になるまで解約できない(中途解約時は、解約手数料をとられる)定期預金で、金利はそれぞれ年1.4%、年1.2%!おぉ、このご時世に高金利!

「アコーディオン7」の場合、利息金は中間利払日と、実際の満期日の合計2回支払いがされるので、10万円預けたとすると、4年後に利子が4480円、7年後3360円、合計で7840円の利子がつくという計算になる。

特徴としては、預け入れ期間が、銀行側の決定により、のびちぢみするという点。
(のびちぢみする……だからアコーディオンなんでしょうね!)
銀行の決定で、4年定期になるかもしれないし、7年定期になるかもしれない。

今後の景気によっては、7年後には年1.4%というのは、たいした金利ではなくなっているかもしれない。しかし、もっと高金利の定期に移したくても、銀行からの通知がくるまでは解約できない。そのあたりがややビミョウなところか。

でも、アコーディオンという名前を採用している時点でわたし的には好印象。
蛇足ながら、イーバンクの支店名は、すべて音楽ジャンルのネーミングらしい。ジャズ支店とかサルサ支店とか、マーチ支店とか。社長が音楽好き!?
posted by marie at 20:59| Accordion | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

あこがれの音色

実は、アコーディオンのリードの音色について、あまりよくわかっていなかった。

アコーディオンの集まりなんかで、皆さんが少し音を聴いただけで「ああ、HMMLですね」とか「MとLにチャンバーが~」と会話しているとき、傍らで静かに聴いている私は実はあまり理解していないことが多い。

でも、リードのこととかよくわかっていないくせに、「好きなのはあの音色」という音が自分の中にはある。教室の貸し楽器からスタートした私にとって、欲しくて欲しくてしょうがなくて月賦でやっと買った自分のBUGARIは愛おしい存在だけれど、音色に関しては「あの音色」ではないなあと思っていた。

私のBUGARIはたぶんMMLというのだと思う。
アコーディオンを習いはじめて5ヶ月めくらいで、リードのこともよくわからず(今もわかってないが)、そのときの私のこだわりとしては「BUGARIがいい」「あまり重くないものがいい」。

今日、てるおさんの音色比較を聴いて、自分の好みがわかった。
そうか、私が欲しかった音色はMMMのミュゼットチューニングの音色なんだ。チャンバーのまろやかな音色も素敵だなあと思うのだけれど、一番好きなのはとろけるようなMMM。
(ところで、よく書かれているシャラシャラしたMMMって、どういう音のことをさすのでしょう?)

ミュゼットのレパートリーもほとんどなく、しかもミュゼット以外の曲(ロシア民謡)も浮気したい私なのだけれど、音色はミュゼットの音色が好き。

でも、もう一台買うようなお金はとてもなく。(自分の腕前的にも許されないことだし)…
MMLのBUGARIを嫁に出せば、なんとかなる、かも…。

ネットを色々みてまわると、「ミュゼットアコは2台め」「ミュゼットアコはミュゼット弾き用」というような感じを受けた。
私がいいなあと思うのはミュゼットアコをメインとして持って、それでミュゼット以外の曲も弾くということなのだが、それって邪道な使い方なんだろうか?
posted by marie at 00:34| Accordion | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

タワレコ万歳

新宿タワーレコードのワールドミュージックコーナーは品揃えがなかなか充実していて、試聴も多く設けてあり、しかも格安のCD BOXなどもあるらしいときいて、遅ればせながら行ってみた。うん、あるある! 地元のCDショップでは置いていないようなジャンルのものがここには色々置いてある。もっと早くにくればよかった。

早速、シャンソン10CD BOX、ミュゼット3CD BOXをそれぞれ1460円で購入した。
10枚で1460円ってことは一枚あたり146円!?
輸入版とはいえ、これってものすごい価格だと思う。

財布の都合で本日はこれだけしか買わなかったけれど、他にも気になるBOXやCDがたくさんあった。次はあれとあれを買おう、それまで残っていてねと、おめあてのCDに念を送り、売り場をあとにした。

misette_chanson640.jpg


ミュゼットCDジャケット(写真左)のアコ弾きさんの表情がいい感じ♪

シャンソン10CD分紹介するのは大変なので、とりあえずミュゼットの収録曲だけ紹介。

◆MUSETTE DE FRANCE CD1
1.Reine de Musette
2.Aubade d'Oiseaux
3.Ca Gaze
4.Valse Modern
5.Automne
6.La Valse des As
7.Le Deniseur
8.Les Ponts de Paris
9.Le Retour des Hirondelles
10.Bourrasque
11.Jongleur
12.Brise Napolitaine
13.Les Triolets
14.Romance de la Nuit

◆MUSETTE DE FRANCE CD2
1.Vendredi le Treizieme
2.Reve d'Accordeoniste
3.Les Papillons de la Nuit
4.Perles de Cristal
5.A la Bonheur
6.Bel Oiseau
7.Princesse Accrdeon
8.Un Partie de petanque
9.Mazurka Fantasie
10.Tonico
11.Java Hong Kong
12.Beer Barrel Polka
13.Un Cowboy a Paris
14.El Rejon

◆MUSETTE DE FRANCE CD3
1.Excentrique
2.La Marche des Accordeonistes Lyonnaises
3.Maria Isabel
4.Parisienne a Tirol
5.Julie la Rousse
6.La Cuenta
7.Bon Matin
8.Marena de mi Copla
9.Compote Sisi
10.Tatiana Slow
11.Dialogue pour une Accordeon Et Saxophone
12.Coplas
13.Polka pour un Homme
14.Si Vas Calatayud

タワーレコードのサイトからオンライン注文もできるようです。
posted by marie at 03:10| Accordion | 更新情報をチェックする

気分屋的更新ですみません

われながら気分屋だなあと思う。
いつだったか「毎日何か書く」とか目標にしたこともあったけれど、やはりだめだ、私には「毎日」ということができない。
学生のときはどうして毎日日記を書いたり、毎日NHKのラジオ講座を規則的に聴いたりできていたのだろう? 不思議でならない。学生時分の私と社会人になってからの私は別人格なのか?

何があったというわけでもないが、ここ2週間くらい、言語脳のストライキにあっていた。会社のビジネスメールはちゃちゃちゃと打てても、個人的な文章とかメールとなると全然言葉が出てこない。書くネタに困っていたわけではないのに日記とかブログとか、メールへの返事とか、全て滞りまくり。

で、何があったというわけでもないが、言語脳のストライキが終わったようなので、またぼちぼち再開。

読んでくださっている皆様、更新にムラがありすぎでごめんなさい。
posted by marie at 03:00| その他 | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

たーらこーたーらこー

07.jpg

明日はレッスンだし、あさっては柏アコパだというのに、私はなにをやっているのだろう?
練習もせずにキユーピーあえるパスタソースたらこのメロディばかりが頭の中をまわっている。

たーらこーたーらこーたーっぷり
たーらこーたーらこーつぶつぶたーらこー
たらーこーたらこつぶつぶたーらこがやってくる
たらこたーっぷりたーっぷりたーらこー

何パターンかあるが、合唱篇が一番好きだ。

妙にはまって何回も歌っていた。なんでこんなにはまるんだろう。ロシア民謡っぽいからこんなに好きになったのかもしれない。
posted by marie at 23:28| その他 | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

ブギ気分

さいきん、ブギが気になっている。

3月のかるふーるで、オランさんが「アコーディオンの左手は本当に便利で、3拍子はもちろん、たとえばこんなふうに簡単にブギのリズムをきざむことができます」といって少し弾いてみせてくれた。
そして「このブギのリズムを使ったオリジナル曲」として「ヘラヘラの神様」という曲を弾き語りしてくれた。

音楽のジャンルに疎い私はそのときはじめて、「そうか、この曲はブギのリズムなのか!」と思ったわけだが、オランさんの奏でるメロディがとてもかっこよくて、3拍子も良いけれど、こういうリズムも弾けるようになりたいと思った。

オランさんに直接弾き方を訊いてしまおうかとも思ったけれど、いざとなると訊くこともできず、そのままになっていた。

が、その後、CIAOユーザーのA氏にお会いした際、氏が指練習と称して弾いたものがそのリズムだった!すぐさま教わった。単音の進行は、Cの場合なら、C-E-G-A-B♭-A-G-C、和音はCM。なるほど。

さっそく弾いてみた。
……確かにコードはそれっぽいんだけど、私が弾くと少しもブギじゃない。リズム感のなさが致命的だ!

でも、いつものブンチャッチャから離れて、新しい世界っぽくて本人としては楽しい。
はたからみれば、ブギでもなんでもないだろうけど、とりあえずは、こんなブギごっこでひとり満足。
posted by marie at 00:28| Accordion | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。