2006年06月28日

パリの屋根の下


sous_les_toits_de_paris.jpg

パリの屋根の下DVD


なんと500円!

「パリの屋根の下」は曲は知っていたものの映画は初めて見た。
サイレントの長所をうまく取り入れてあって、見るものの「想像力」をかきたてるつくり。
「パリの屋根の下」のメロディを登場人物達がこれでもかというくらい口々にリフレインすることもあって、映画を見終わった後もしばらくこのメロディが頭から離れない。

ただ、どうも私にはポーラが「かわいらしさを武器にして男を渡り歩くしたたかな女」に思えてしまって…アルベールの失恋にあまり同情できなかった。
posted by marie at 21:15| その他 | 更新情報をチェックする

目標をもって

今さらなのだが、5月に参加した柏アコパ。
参加したほとんどの方が独奏を披露していた。
皆さん上手な方ばかりで、そして何よりも「このジャンルが好きでたまらないのです」と音が語っている方ばかり。

対して私は小心っぷりを発揮しまくり、合奏だけで独奏曲披露は遠慮させてもらった。「まだ皆さんに聴いてもらえるような出来じゃないから」そう思っての判断だった。

今思うに、そんなふうな弱腰だからいつまでたっても上達しないのではないかと思う。
「聴いてもらえるような出来」を待ちつづけていたら、いつまでたっても弾けないだろう。
練習不足ならば、思いっきり失敗して一度赤っ恥をかくぐらいのほうがその後の練習にエンジンがかかるというものだ。

今週末のレッスンで「ダークアイズ」を合格できるよう頑張ろう。
そして翌日7/2のかるふーるで「ダークアイズ」を弾く!

あと3日、よそ見をしないでこの曲に集中しよう。
あと3日。
posted by marie at 01:34| Accordion | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

日経新聞「私の履歴書」遠藤実氏

今月の日経新聞「私の履歴書」が面白い。最近、私の朝一番の楽しみになっている。

「私の履歴書」は、現在名を成している各界の有名人・著名人が生い立ちから現在までを振り返る自伝コラムシリーズで、今月は作曲家・遠藤実氏が書いている。演歌に詳しくない私ははじめ「ふーん」という感じだった。しかし連載が始まると、これが面白いのなんのって!

このコーナー、幼少期は貧乏で苦労をなめてようやく成功をつかんだという話が多いが、遠藤実氏の描く貧しさは、その比ではない。私が最近読んだ中でもピカイチの並外れた赤貧ぶり。

たとえば、最近はこんな感じ。
------------------------
歌手を夢見て上京してきたものの貧乏生活がつづき、ようやく流しの仕事を得る。
一緒に組んでいた流しのアコーディオン弾きと仲良くなり、部屋に住まわせてもらう。

nikkei060613.jpg

(6月13日掲載=流しのアコーディオン弾きとの写真)

流しでお客さんには喜んでもらえても、レコード会社のオーディションでは「身なりが汚い(貧しい)」というような理由でおとされつづけ…、ようやくツテで紹介してもらえる話がきたと思ったら、今度は大切なギターがなくなっている。
ギターは、家賃を滞納していたために、腹にすえかねた家主が質に持って行ってしまっていた!
しかし、ギターがどうしても必要なのに、質草を出すお金はない。
困ったあげく、土手でギターをつまびく青年を見つけ、全く見知らぬ人なのに、思わず「ギターをかしてください」と必死に頼み込む…。
------------------------

読んでいると、それにくらべ、自分はなんて恵まれているんだろうと思うし、自分にはなんて“情熱”や“努力”が足りないんだろうと思う。
「ウン十万の楽器が欲しいけどお金がな~い。ビンボー。お金持ちはいいよなあ~」とか、軽々しく不平不満を抱いてちゃだめだ。
posted by marie at 14:59| その他 | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

Le Train de 10h03

NHKラジオのフランス語講座を聴いている。
本当に聴いているだけ。

そのオープニングのテーマ曲が、アンニュイででも重くなくて、かわいらしさもあって切ない、耳に残るメロディで、4月から妙に気になっていた。
アコーディオンでもミュゼットでもないのだけれど、気になっていた。

NHKへの問い合わせが多かったのだろうか、6月号のテキストの「ひろば」欄に、曲名、アーティスト名、レーベルが書いてあった。

040506.jpg

シンガーはOrlane Paquinで、この曲のタイトルは「Le Train de 10h03」。

インターネットは便利だ。アーティスト名とタイトル、それさえわかればすぐにみつかる。

この曲は1969年発売の同名シングルに収録されているらしい。
しかしこのシングルはもう廃盤のようなので、入手可能なオムニバスアルバム、『Dou Da Dou』というフレンチポップCDを購入した。

※それはこんな曲(試聴)です。

日本語対訳歌詞カードはもちろんのこと、フランス語の歌詞カードのようなものも入っていない。
これってどんな歌なのだろう?
「Le Train de 10h03」って、10:03発の列車ということだろうか?
posted by marie at 01:05| その他 | 更新情報をチェックする

おすすめのマッサージ店

今までに行ったマッサージ店の中でベスト。
なんていったって、ここはもみかえしがゼロ!

ここは、あたたかいウオーターマットの上に寝るので、マッサージの前からぽかぽかしていい気持ち。 しかも、マッサージをしてもらうときは普通うつぶせが多いけれど、ここは最初から最後まであおむけ。

ここ数日わたしの頭のまわりをどよーんと重くしていた頭痛が、30分のマッサージですうっと消えた。

原宿近辺で疲れた時には、是非行ってみてください。おすすめです。
http://www.aquadrop.net/
posted by marie at 00:29| その他 | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

勤務中にブログ書き込み

こんな記事を見つけました。

やっぱり勤務中にブログ更新とか巡回してコメントとかするのはまずいですよねぇ、給料もらっているわけですからねぇ、まずいですよねぇ。

-----------------------------------------
<愛媛県>勤務中にブログ書き込み、職員を懲戒処分

愛媛県は5日、勤務時間中に職場の公用パソコンを使い自分のブログ(日記風ホームページ)に書き込みなどをしていた県西条地方局勤務の40歳代の男性係長級職員を、職務専念義務違反で戒告の懲戒処分=5月29日付=にしたと発表した。
 県人事課によると、職員は昨年11月16日~今年4月11日、趣味で開いているアウトドア情報交換などのブログを61回更新したほか、コメント作成やリンク先への書き込みを重ねていた。県はこれらに費やした約28時間を欠勤扱いにし、給与や勤勉手当約7万5000円を返還させる。県は公用パソコンの私的利用を内規で禁止している。同課によると、都道府県職員が勤務時間中のブログ書き込みで懲戒処分を受けたのは初めて。【古谷秀綱、津久井達】(毎日新聞)
-----------------------------------------

…言葉の一つ一つが背中に突き刺さるようです。

職場で席替えがあり、背後に上司が座るようになり、私のブログ生活も命がけです。あ、嘘です嘘です。私は職場で私用ネットなんて一切~(略)


posted by marie at 17:21| その他 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。