2006年08月30日

日経夕刊・秋山仁さんのコラム

我が家では日経新聞の朝刊だけとっているのですが、この日はなぜか夕刊も入っていました。時々サービスで入れてくれるみたいなのです。「ラッキー」と思って新聞を開くと、アコーディオンの写真がぱっと目に飛び込んできました。エクセルシャー。

数学者の秋山仁さんのコラム(日本経済新聞 8/30夕刊文化面より)です。秋山さんはfoohtaさんがブログで書いてらしたようにアコーディオンを演奏されるようです。

「才能は努力とともについてくる」「スポーツも数学も同じ。やればできる。歯を食いしばってやってご覧なさい」「おれだって50の手習いでアコーディオンをやっている」と学生の前でアコを弾くことがあるそうです。こんな先生って素敵ですね。演奏、聴いてみたいです。

これは連載の3回目のようで、他の回は何が書いてあったのか気になって日経のサイトで調べてみましたが、アコーディオンの話題が書かれたのはこの回だけのようでした。

ちょうどアコの話題になったまさにその日の夕刊を我が家にサービスしてくれた日経さん、どうもありがとう!!


posted by marie at 23:38| Accordion | 更新情報をチェックする

関東アコ2006

来たる9/23、関東アコーディオン演奏交流会が行われます。
今年の関東アコは、参加グループ数が今までで一番多いそうです。重奏33グループ、小アンサンブル7グループ、合奏20グループ! 加えてゲスト「Rainbow Notes」の演奏もありますから、つまり一日でアコの演奏が60曲以上聴けるわけです。うわぁ。

------------------------------------------------
第18回 関東アコーディオン演奏交流会

【日時】2006年9月23日(祝)10:00~19:30頃
【場所】赤羽会館(JR赤羽駅下車徒歩5分)
    http://www2.wagamachi-guide.com/kita/apps/map.asp?it=0&id=41
【参加協力券】¥1,000
【お問い合わせ】実行委員会(橋本千賀子)TEL 0426-64-9818 携帯 090-5209-4669

【スケジュール】
10:00~  重奏の部(途中、お昼休憩を挟む)
14:00頃~ 小アンサンブルの部
15:00頃~ 合奏の部
17:45 ~ ゲスト演奏「Rainbow Notes」
18:15 ~ 講評・表彰
19:15 ~ 閉会式
---------------------------------------------------

私もその重奏の部に参加します。グループ名は blanc et noir et blanc です
。白いアコ2台で黒いアコ1台を挟んで弾くので“白と黒と白”。
ガリアーノの曲なので、フランス語にしてみました。ネットの自動翻訳を利用して考えた名前なので文法的・慣用的にどうなのかはよくわかりませんが…。
重奏の演奏は責任重大で緊張するけれど、うまくいったときの満足感は独奏よりもありますね~。あと数週間、本番で悔いのないよう練習頑張りたいと思います。

posted by marie at 19:24| Accordion | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。