2006年08月29日

アコ合宿(その3)

♪8/27(日)

最終日はお昼迄で合宿は終わりなので、そのぶん密度の濃い午前中を過ごしました。朝食後、公開レッスン、アンサンブルレッスン、全員広間に集まって発表会、閉講式、そして昼食をたべて解散とスケジュール目白押しです。

公開レッスンは、同じ先生に教わっている生徒全員(4~5人)がレッスン室に集まっての個人レッスンです。ほかの人のレッスンをみるのはとても勉強になります。

そのあとのアンサンブルレッスンでも、自分達のレッスンのあと、他のデュオのレッスンを聴けました。女性デュオですが、とても大迫力ですごくかっこいい演奏でした。ガーシュインの曲ってラプソディ~ぐらいしか知りませんでしたが、結構好きかも。

発表会ではこの3日間の成果発表として、まず各教室代表一人ずつ独奏を披露し(みんな落ち着いてて素敵な演奏。レベル高い感じでした)、つづいて各チームアンサンブル曲を発表しあいました。アンサンブルはその曲で来月の関東アコに出るチームがほとんどなのでどの演奏もかなり仕上がっている感じで素敵でした。

私はというと、アンサンブルで出ましたが、特に苦手な箇所を成功して「あーよかったよかった」とほっとしたら大切なメロディラインをミスってしまいました(なんて本番に弱っ)。あと1ヶ月、本番でミスらないようもっと練習しないと。

ラストに先生方の「オペラ座の怪人」8重奏を聴きました。「オペラ座の怪人」の曲、わたしはもともと好きなのですが、先生方のメリハリと広がりのある厚い音色をきいて、とてもわくわくしました。この曲、とてもアコ向きですね。

帰りは電車の予定だったのですが、思いがけず、車に同乗させてもらえることになったので、駅までのバスの時刻を気にすることなく、車組の有志で合宿後のひとときを楽しみました。ゴンドラに乗って足湯にはいったりソフトクリームを食べたり。ここまでは去年も楽しみましたが、今年はさらにグラススキー場のリフトにのって、坂道をサマーリュージュ(ハンドルとブレーキのついた一人乗りのそりのような乗り物)で下って遊びました。これがすごく楽しかった! 風が爽快で思わずきゃあきゃあ声をあげて自然と笑顔になってしまう感じです。ひさしぶりに童心にかえりました。
操作のコツがつかめたころに終点に到着して終わってしまったので、たいしてスピードも出せなかったのがくやしい。来年も丸沼で合宿だったら絶対また挑戦します!
アコーディオンだけにかぎらず、盛り沢山な三日間でした。

だらだらとした長文におつきあいいただいてありがとうございます。


posted by marie at 23:59| Accordion | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。