2006年09月02日

molto regato ff

いつも何かとミスタッチの多い私。今日のレッスンでは、ミスタッチを減らす練習方法を教わりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*その1 いつも間違える音
その直前の音を弾く際に、間違える音も同時に押す。鍵盤の移動の幅を指が覚えるまで繰り返す。

*その2 いつも間違えるフレーズ
先生曰く「掃除機をかけて汚れをはらいましょう」と。
掃除機をかけるようなイメージで、強くゆっくりと床(鍵盤)を這うように押し付けるように弾く。
音楽用語でいうと、molto legato ff(モルトレガート フォルティシモ)。
半分のテンポでゆっくりと、超レガートで前の音の終わりと次の音の始まりをほんの少し重ねるくらい切れ目なくなめらかに続けて弾く練習。

ポイントは音符の長さを適当にしないで、必ずきっちりと全て倍の長さで弾く事、同じ指づかいで弾く事。このときは音楽性等は考えずとにかくはっきりと大きな音を出す事。鍵盤の幅を感じつつ弾く事。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これをレッスンの際に何回か繰り返したらいつも間違う箇所もスムーズに弾けるようになりました。
先生には練習の成果をみていただくというよりは練習の仕方を教わっている感じで申し訳ない感じもしますが、練習の甘い私はいつも何かしら目からウロコで、毎回すごく勉強になります。
molto regato ffでミスタッチ撲滅!


posted by marie at 23:06| Accordion | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。