2006年09月24日

楽しく演奏できました

関東アコでの演奏、無事に終わりました。
審査員の先生からは、曲の繊細な部分や独特の音の重なりの部分に関してもと研究したほうが良いとのお言葉をいただきましたが、自分としてはいつもぽろぽろミスタッチしていた苦手箇所も調子よく流れ、気持ちをこめて弾けたので大満足の出来でした。レッスンのときよりも良かったかも。

先生には「本番前日、大事なことはよく寝ることです」と言われていましたが、前夜は残業して帰ってアコに触らなかった上に派手に夜更かししてしまい、実は睡眠4時間で臨んだ本番でした。そのせいか、午前中までとてもハイテンションで何をみても新鮮に感じられ、誰に会っても嬉しく、ほとんど緊張することもなくすんなりと出番を迎え、楽しく楽しく演奏することができました。(楽しそうな曲ではないので、それはそれで問題か)

関東アコでは、たくさんの演奏を聴くことができ、非常に勉強になりました。特に、メロディを歌わせるというのはこういうことをいうのだなあと感じさせてくれる素晴らしい演奏があり聴き惚れました。


さて。はじめての音源アップに挑戦!
「Le clown perdu」(2M)
(録音機のノイズ&客席の声も入っていますのでボリューム等にご注意ください)

※今回、mp3で録音したものから波形編集ソフト(spwave)で一曲ぶんだけ分割してAIFFに書き出し、それをエンコーダソフト(こかこーだ)でmp3にエンコードしたのですが・・・面倒。mp3を分割しmp3に書き出してくれるソフト(Mac OSX対応のフリーソフト)ってないものでしょうか? ご存じの方いらっしゃったら教えてください。


posted by marie at 23:25| Accordion | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。