2005年11月03日

楽器フェア、行ってきました

パシフィコ横浜で行われている楽器フェアに行ってきました。
いやあ、会場は大盛況。人、人、人、楽器、楽器、楽器、音、音、音…という印象です。楽器を愛する人ってたくさんいるんですね。プロによるデモンストレーションはもちろんのこと、お客の中にもプロ顔負けの演奏(多くのブースでは自由に試し弾きできる)をしている人がたくさんいて、とても活気のある空間でした。

会場には2時間半くらいいたのですが、そのほとんどの時間を「Akkordion.jp」の川井さんのところに入り浸っていました。川井さんは今回30台くらいアコを展示されていました。外装も音も非常に美しい高価なアコばかり。しかも興味を持ったアコはどんどんさわらせてくださるので、川井さんのブースにはアコ弾きがあつまって賑わっていました。田ノ岡三郎さんもいらしてて、デモンストレーターの安西創さんと一緒に演奏されたりしてました。演奏聴けてトクした気分。

たくさんのアコ達の中で、今回一番気になったのは、木目にグリーンのアクセントが素敵なLanzinger社製Diatonicアコ
ちっちゃくて可愛い、理想の大きさで、音も素敵。楽しい気分になる音色でした。

今日は、川井さんにマイciaoのベースの飾りボタンを埋め込んでいただくのが最大の目的だったのですが、その埋め込み作業をしていただいている間、明るい澄んだミュゼット調のアコーディオンで「青い山脈」などを弾いてみたりしていると、近くにいた男性の方から美空ひばりの「悲しき口笛」のリクエストが。
懐メロ、昭和歌謡好きなほうなんですが、弾ける曲はひじょ~に数少ない私。
とっさに「すみませんその曲を知らないのです…」と言ってしまいましたが、実はその曲知ってました、うたえます、でも弾けない…。♪おかのホテルのあかい~っていう曲ですよね。

ああ、口ずさめる曲なら即座になんでも弾ける、みたいなアコ弾きになりたいです。いつかなれるかしら。
その男性の方がここを読むことはまずないでしょうし、またどこかでお会いできるかどうかもわかりませんが、「悲しき口笛」も弾けるよう練習しておこうと思います。


posted by marie at 23:12 | TrackBack(0) | Accordion | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。