2005年11月05日

「アコーディオンですね!」

アコーディオンレッスンの後、友達と会う約束があり西武池袋線の桜台へ。そこでこんなことがあった。

下車し、ホームから改札へと下るエスカレーターにひょいと乗った。
エスカレーターでの私は割とせっかち。エスカレーターがゆるゆる動くのに身をまかせていられず、身をまかせている人々の右脇をどんどん歩いて下っていった。

そして、エスカレーター中程で、マホガニー色の大きなハードケースを持った女性の脇を通り過ぎようとした時、ふと「アコーディオンのケースじゃないだろうか?」と思った。
それは私がよく知っている四角くくて黒いハードケースとは違って、丸みを帯びた大きめの旅行トランクのようなケースだったが、なぜかそれはアコーディオンだと感じたのだ。
通りすぎるそのとき、ちらりとみたら、VICTRIAというロゴが目に飛込んできた。

ビクトリアのアコーディオンだ!

その女性をすでに通り過ぎていた私は、くるりと振り向き、思わず一言声をかけた。
「アコーディオンですね!」

声をかけられた女性は、突然見ず知らずの人から声をかけられ、驚いたようだったが「はい」と笑顔で答えてくれた。
その笑顔に、私も笑顔。

思わず声をかけてしまっただけに、ちょっぴり舞い上がり、次の言葉はどうしよう、私もアコーディオンやってますとか、いつもハードケースで運んでいるんですか重いでしょう?ときいてみようかとか、短い間に言葉がぐるぐるまわったが、すぐにエスカレーターは終わり、改札へ向かう人の流れに押されて、あっけなく改札へ。

結局、この出会いは、最初の一言のみで終わった。
「アコーディオンですね!」
「はい」
これだけ。

きっとあの女性も不思議に思ったと思う。たった一言だけのやりとり。突然嬉しそうに話しかけたくせにそれに続くやりとりは無し。

おかしな行動だったかもしれないけど、街なかで、偶然、(知り合い以外の)アコーディオン弾きに出会うのは初めての経験で、とても嬉しかったのだ。
私は普段、積極的に人に話しかけていくほうではないけれど、アコーディオンに関しては違う。アコーディオンを持っている人というだけで、年齢も性別もアコ歴も音楽性も乗り越えて「仲間!」という感じがして出会っただけでうきうきするし、積極的にコミュニケーションできる気がする。
突然アコーディオン弾きに遭遇した時のために3つくらい質問を用意しておこうか。


posted by marie at 23:00 | TrackBack(0) | Accordion | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。