2007年03月23日

クレジットカードにご用心

パリはクレジットカード王国。
お店の人は、12.25ユーロの買い物に20ユーロ札のみを出されるのはかなーりイヤな顔をしますが(※1)、りんご1個の買い物でクレジットカードを出されるのは全く嫌がらないようです。

autobus.jpg

ものは試しというわけで、オペラ座脇のバス停で空港行きのロワシーバスチケットをクレジットカードで購入しようとしました。ところが、チケット販売機に私のカードを入れた途端、画面に何やらフランス語が表示され、カードは吐き出されてしまいました。きっとこのカードは使えないということなのでしょう、しょうがない。
チケットは、そのあと到着したバスの運転手さんから直接、現金で買いました。
これが2月5日の出来事でした。

それで、です。
日本に帰国して一ヶ月後、何気なくクレジットカード会社のWEBサービスで明細を閲覧してみたら、なんと、こんな明細が含まれているじゃありませんか!

2007/02/05
BUS ADUP 0133158(75 RAT
現地通貨額:17.00
2690円

これは、エラーになったはずのバスチケットがカードの明細に含まれている!

はい。仕事中でしたが、休憩室に移動し、速攻でカード会社のインフォメーションに問い合わせです。

事情を伝えると、カード会社のおねえさんは、「その販売機がエラーになったことを示す証拠はありますか?」

そんなものあるわけないでしょ!
無人のチケットマシーンですよ。
しかもチケット発券はおろか、差し込んだらすぐリバースしてきたんだから、まさかそれで「購入扱い」になっているなんて思いもしませんよ!

とまあ、こんな喧嘩腰ではありませんが、状況をしつこく説明し、エラーになったものに一円も支払うつもりはないからよく調査したうえで誤った履歴を削除して欲しい旨をねちねちと交渉。
日頃は温厚キャラの私ですが、こういう「企業のミス」しかも金銭がからんでくるものにはなおさら、手きびしいのです。

ねちねち作戦のかいあってか、運転手から直接バスチケットを買った際のレシートを「証拠」としてカード会社に送ることで、無事「誤明細」は修正されました。

もしこれがクレジットカードのWEB明細(明細が確定する前の段階の情報が確認できる)の段階ではなく、支払い額が確定し口座から引き落とされた後だったら、もっと面倒なやりとりになっていたことでしょう。

<みなさんもご注意ください>
・パリの自動販売機(メトロもバスもジュースも)は、お札が使えない。コインのみ。
・オペラ座脇のロワシーバスチケット販売機(※写真)では、カードを差し込んで戻ってきても、実はカード決済されている場合がある
・クレジットカードは利用した覚えがなくても、こまめに明細を確認したほうがよい
・カード会社の人が冷たくても諦めてはいけない。30分くらい電話で粘るべし。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(※1)その人は愛想の良い美人なおねえさんでしたが、私が「小銭ないんです」ジェスチャーをした途端、思いっきり眉をしかめて怖い顔になり肩をすくめて両手を広げ、「チッ」と舌打ちしました。そんなにレジには小銭がないんでしょうか?
posted by marie at 23:40| パリ旅行 | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

街灯

夕暮れ


顔が

posted by marie at 11:18| パリ旅行 | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

アコグッズを求めて蚤の市

パリというといかにもアコーディオングッズに出会いそうなイメージがありますが、アコーディオン人形とか、アコーディオン柄のグッズとか、アコーディオンとか、そういったものには専門店に行く以外、出会えません。私の行く所が悪いのでしょうか。

きっと、蚤の市なら、古~いアコやグッズに出会えるに違いない!そう思って行ってみました、クリニャンクールの蚤の市。

お店

こんな感じのお店がたくさん並んでいます。
朝早く行ったほうが掘り出し物があるときいて朝早く行ったら寒かったので、マフラーを頭からかぶった変な東洋人。

人形たち

こんな感じのものがたくさん売られています。うす汚れてても傷がついてても手が一本とれててもおなかに鉛筆でじかに値段が書かれてても、「アンティーク」なので意外と値段は安くなかったりします・・。

cr_acco.jpg

唯一見つけたアコーディオンです。
アコーディオン人形もグッズも遭遇しませんでした。
アンティ-ク家具をメインで扱っている店の椅子の上にディスプレイされていたので、たぶん、売り物というより店のインテリアのひとつでしょう。

アコーディオン専門店「パリアコーディオン」に行くと、アコ人形のコレクション(非売品)がたくさん並んでいますが、ああいうのはどこで売っているんでしょうか??
posted by marie at 10:06| パリ旅行 | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

チップは伊達ではない

サーカスに行きました。
オペラ座の当日券はとれませんでした(トライすればとれたのかもしれません)が、Cirque d'hiver (冬のサーカス)のマチネの当日券が難なくとれました。一番安い席、10ユーロ(約1600円)。

サーカスなんて久しぶりと心躍らせて座席への階段をのぼっていくと、赤い制服を着たおばさんがいて、チケットの座席番号を見て席まで案内してくれました。Merci!

ところが、「Merci!」と言って座っても、おばさんはずっと前に立っています。フランス語で何か言っています。私達が「わかりません~」という顔をしたら、おばさんはゆっくりハッキリくっきりと言いました。
「Tip!」

うわぁ。きた!これが噂のチップっていうやつですか!
場内案内係もタダでは案内してくれないのですね!

焦ってお財布を開きましたが、よりによって、あわせて1ユーロにも満たない小銭とあとは10ユーロ札しか入っていない!

焦る私の前で、「そんな小銭では納得しないわよ」とキビシイ顔して仁王立ちで見下ろすおばさん(そう見えた)。
無言ですが、もらうまでテコでも動かないという意思が伝わってきます。

しかたなく手持ちで一番少額の10ユーロ(約1600円)札を一枚手渡すと、おばさんは「Merci♪」と嬉しそうにすぐさま去っていきました。10ユーロは1600円。

チップというのは、料金の10~15%程度が目安ということなので、2人で3ユーロ程度で良かったのではないでしょうか?

やられたーーー!?
20ユーロのチケットで10ユーロのチップってとりすぎじゃないの!?しつこいようですが10ユーロは1600円です。
楽しいはずのサーカスで理不尽な体験。
しかし、いつまでもそう思っていても仕方がないので、勉強代と思うことにしました。

場内

場内はこんな感じ。全体的に赤が使われていて雰囲気があります。客席は、中央底部にある舞台をぐるりと取り囲むすり鉢状で、10ユーロの席は舞台から一番遠い、すり鉢のふちのあたりです。私達の席は、照明のオペレーション席のすぐ横でした。照明とおぼしき男性がしょっちゅう後ろを走っていきます。

場内が暗くなり始めたそのとき、件のおばさんが足早に寄ってきました。
「前のほうに空いている席があるから、今すぐ私についてきなさい」(というジェスチャー)

まさかの急展開です。おばさんの案内してくれたその席は、一つ上のランク、22ユーロ席エリア。その中でも一番上等と思われる舞台正面の一番前。これは非常に見やすい!

10ユーロ席には他にもたくさんお客がいたけれど、上のランクの空席へと案内されていたのは私達だけのようです。
推論ですが、きっと、私達がたくさんチップをあげたから、おばさんもサービスで案内してくれたのでしょう。

チップって伊達じゃないのね!
面白い体験でした。

理不尽な思いが解消され、始まったサーカスは非常に魅力的なエンターテインメントでした。

cirq02.JPG

最初から最後まで、BGMはバンドによる生演奏。残念ながらこのバンドにアコーディオンはいません。曲は、誰もが知ってる曲(映画音楽とか)をポップスアレンジで。

トラ

サーカスのお約束、動物芸。
どのトラもぽっちゃりとしていて、飼われているネコみたい。
このほかにも、アシカ、馬、ポニーも。

cirq01.JPG

サーカスの花形はやはり空中ブランコ!

ダンサー

合間合間に現れるダンサーのオネエさん達。
この衣装って宝塚のベルばら(の戦闘ダンスシーン)っぽい。

意外と道化師のコント(それもドリフみたいなノリのコントです)が多く、フランスの子供たちにはむしろ空中ブランコやジャグリングよりも、そちらのほうがお気に入りのようでした。道化が何をやっても何を言っても100発100中、大うけ。キャーキャーピーピー笑ってるのが印象的。
これにくらべると日本の観客っておとなしいんですね。さすがパリ、子供たちもエンターテイメントの楽しみ方を知っているという感じがしました。
posted by marie at 19:17| パリ旅行 | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

オペラ座

バレエ好きなので、是非オペラ・ガルニエでバレエ公演を観たいと思っていましたが、6ユーロの最安値券(オペラ座窓口でしか扱っていない)を貧乏根性で狙っていたせいで結局チケットをとれず、見ることはかないませんでした。残念。

で、劇場見学だけしてきました。ちなみに劇場見学は8ユーロ。

opera02.JPG

日本人観光客がたくさんきていた。
同じ日本人から、「Excuse me. Could you take my picture?」と、英語で話しかけられる。
日本じゃないアジア人ぽかったのかも?


opera04.JPG

場内見学中。次くるときはきちんとチケットをとって観客として観にこようと心に誓う。

opera05.JPG

シャガールの天井画。
どうしても巨大シャンデリアが落ちてくるような気がしてならない私。それは「オペラ座の怪人」か。

opera03.JPG

床以外どこみてもキンキラキンです。場違いな感じですね。
posted by marie at 18:43| パリ旅行 | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

テレカルトとカルネ

telephone.JPG2月2日16時20分、パリに到着。
去年に続いて今年も、2月のパリにやってきたわけです。

なぜ2月なのかというと、冬が好きなわけでもソルドで買い漁るのが目的なわけでもなく、それはひとえに「旅行代が安いから」です。やはり旅行は過ごしやすい季節のほうがいいに決まっています。
なぜパリなのかというと、パリが好きという以上に去年見逃したものが多すぎてあまりに悔しかったからです。

今回こそは去年行けなかった場所、特にアコーディオンのお店や楽譜屋をまわりたい、そして今回はフランス語(数カ月前からまじめに勉強しだした)で少しくらい会話をしてみたい!
そんな熱い思いを秘め、パリに到着したわけです。

片道12時間半かけて飛んでいっても、滞在しているのは実質3日半程度。ホテルに着いてぼうっとするなんてもったいない。チェックインしたらすぐに夕暮れの街へ。

前回と違い、今回の私にはパリで会う約束があります。
ひとりめはパリ留学中のアコーディオン仲間Kさん。
ふたりめはパリ在住の高校の先輩Mさん。
ふたりから「パリについたら電話してね!」と言われています。

さあ、まずは電話です!

公衆電話は簡単にみつかります。が、telecart(テレホンカード)専用なのでまずはそれを買わないといけません。telecart専用のくせにその近くにカード自販機は置いてないって不親切。(空港の公衆電話の横にはあった)

パリノルール」(情報満載で便利なガイドブック)を開くと、こんな記載が。

telecart.jpg

そうか、地下鉄の駅の窓口でも扱っているのか!

というわけで、最寄りの地下鉄駅で買うことにしました。

「Bonsoir! Je voudrais une telecart.」
(こんばんは。テレホンカードが欲しいのですが)

窓口のおばさんに提示された料金を支払い、「はいはい」という感じの無表情で渡されたのは、10枚の切符。

それはCarnet(カルネ=メトロの回数券)!

カルネはどっちにしろ買う予定だったものなので、とりあえず受け取って退散しましたが、telecartって言ったのにcarnetが出て来たことですっかり意気消沈。

フランス語で会話したいという当初の意気込みは一気に消え失せました。

だめだ・・・私の発音じゃだめなんだ・・・。

もう一度窓口の人にかけあったところ、判明したのは”地下鉄の窓口ではtelecartは売ってない”という事実でした。

えーーーパリノルールのこの記事は何!?(赤面)

その後、気を取り直してTABACを探し、無事telecartを購入しましたが、一度くじかれた出鼻はそう簡単にもどるわけもなく。

みなさん、パリでtelecartをお買い求めの際は、地下鉄の窓口で聞いちゃだめですよ、もれなくカルネ渡されるかも。


※でも「パリノルール」はとても面白くて便利なガイド本です。
posted by marie at 01:39| パリ旅行 | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

ごめんなさい

しばらく更新がとまっていました。この期間、のぞいてくださった方、すみませんでした。

たとえていうなら、大縄跳びでぽんぽん続けて縄の中にはいっていけば飛べるけれど、一度とまって回る縄を見てしまったりするとなかなかタイミングがとれなくなって入りにくい・・・みたいな感じでしょうか。(なんてわかりにくい比喩なんだ!)
あとは最近日常的なインプット(読書量)が少ないのでアウトプット衝動が低下しているのも原因かもしれません。ここ数カ月とみに語彙の減少を感じる私です。なんとか読書生活を復活させないと。

さてさてさて。
2月1日~6日、Parisに行って来ました。
というわけで、アコーディオン奮闘記ですがしばらくParis旅行記になります。
あんまり頑張りすぎず、ぼちぼち更新する予定ですので時間をおいてのぞいてみてくださーい。
posted by marie at 00:41| パリ旅行 | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

パリの影響

ter01.gif
パリでは、コワモテの男性も、おめかししてツンとした女性も皆、店に入れば「Bonjour」「Bonsoir」と必ずハッキリ挨拶し、店内が混んでいて他の客とぶつかりそうになれば「pardon」と声をかけ、レジで支払いが終われば「Merci」と礼を言い、「Au revoir」と去っていく。

これはとても素敵なことだと思う。

我先に降りようと、肩で腕でからだ全体で周囲の人を小突き、無言で電車のドアに突進していく東京の通勤風景の中で、パリのメトロを思って、哀しくなる。
自分本位で押すのはやめて、人にぶつかったら「すみません」と声をかけられる日本人が増えてほしいと思う。

パリから帰ってきてこの話を親にしたら、親曰く「あちらは挨拶がしっかりしているよね。私もそういう話をきいたから、コンビニでも“こんにちは”と言って入るようにしているわよ」と。

我が親がそんな心がけをしているとは知らなかった。

でも、私には日本の(見ず知らずの都心の)コンビニで「こんにちは」はちょっと言えないなあ。

せめて、ということで、コンビニなどのレジでおつりやレシートをもらったら、「ありがとう」と言うことだけ実践している。
posted by marie at 14:56| パリ旅行 | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

パリ旅行~コミュニケーション編(2)~

フランス語がほとんどできないのと、滞在期間が短すぎるということで、残念ながら一般のパリジャン・パリジェンヌとのやりとりはほとんどなかったと言っていい。
お店ではBonjourとs'il vous plaitとMerciと指差しだけでほぼ乗り切った。
もっと現地でコミュニケーションがしてみたい、これは次回(あるのか?)までの課題だ。

そんな状況なので、お店員やホテルフロントでのほんのちょっぴりのコミュニケーションでも、とても嬉しく、強く印象に残った。

【陽気なパン屋さん】
初日の夜ごはんは、ホテルのすぐ近くにあるパン&惣菜屋Mac Micでテイクアウトした。
この店のオジサンは、とても陽気でフレンドリーなキャラクターで、お客さんひとりひとりと何か愉快な感じでおしゃべりをかわしながらオーダーにこたえていた。
私達のボキャブラリーは、Bonjourとs'il vous plaitとMerciとボディランゲージだけにも関わらず、とても親切で丁寧に対応してくれた。ホテルの近くの店なので日本人観光客に慣れているのかもしれない。最後は「サヨナラ~アリガト~」と笑顔で言ってくれた。
dinner.gif

チキンのオリーブ炒め(エスニック風)とサフランライス。
見た目よりも美味しい。

cro.gif

クロワッサンが大きくてズッシリしていて驚いた。今までに日本で食べたクロワッサンにくらべ、中身がギッシリつまっている感じがしてとても美味しいし、腹持ちも良い。

ちなみに、フレンドリーな対応に惹かれて、2日めもリピーターした。


【乗り継ぎを教えてくれた親切な男性】
2日めはベルサイユ宮殿に行くことにした。

Port de Clichyから30分ほどRERのC線に乗れば、Gare Versailles RGに着くはずなのだが、初めてのRER、ホームからしてよくわからない。右のホームか、左のホームか…? 時刻表に1と2があるけれど、これは何?どれに乗ればいいの?

ガイドブックを見て路線図とにらめっこしていた私達に、「どこに行きたいの?」と声をかけてくれた人があった。親切そうな白人男性だ。

しかし、このとき、私の頭にふとよぎったのは、パリに来る前に読んだガイドブック。
“現地では、親切そうに声をかけてくる人に注意しましょう。日本人観光客を狙ったスリやひったくりの可能性があります”

親切そうだけれど、もしかしたら…。

「Gare Versailles RG」とガイドブックの路線図を指さし、行き方を乞いつつも、私はたすきがけにしたバッグをぎゅうっと身体に引き寄せ、さらにファスナー部分をがっちりとつかんでいた。
ガイドブックも完全に手渡してしまうと、それを持って逃げられるんじゃないかと思ったりした。

彼はフランス語のわからない私達のために、英語で説明してくれた。
英語もほとんどダメな私達なので、彼はもどかしそうに何度も何度も繰り返してくれた。

なんとなく聞き取った感じでは、「右側のホームから乗って。ただし、Champ de Mars Tour EiffelでGare Versailles RG行きに乗り換えないと、違う方向に行ってしまう!」

お礼を言って、笑顔で別れた。彼も笑顔で見送ってくれた。

何もとられなかったし、もちろんガイドブック持ち逃げなんてこともない。
完全に私の杞憂だったのだ!彼は本当に親切な人だった!

路線図を見ただけでは分岐になっているだけなので気づかなかったのだが、実際、彼の言う通りだった。Champ de Mars Tour Eiffelで乗り換えないと違う方向に行ってしまう。
そして、一度乗り換えれば後は終点まで乗るだけなので、あとは問題なくスムーズにいき、ベルサイユ宮殿に着いた。

vel.jpg

それにしても、不安そうにガイドブックを見ている見ず知らずの東洋人二人組に声をかけてくれた親切な人に対して、内心「スリでは…」と疑心暗鬼になっていたなんて、私はなんて失礼だったんだろう! 本当に申し訳ないと思う。もっともっとお礼を言いたい。


【シャンゼリゼ通りの売店のオジサン】
mise.gif
3日め、シャンゼリゼ通りの売店で、お土産用に絵ハガキを買った。
この売店のオジサンが、件のパン屋さんに輪をかけてフレンドリーで愉快な人だった。
Bonjour!と選んだ絵ハガキ10枚を渡すと、
オジサンはBonjour!とニコッとして英語で数え始めた。

「One, two, three, four, five, six, seven, eight, nine, ten, eleven, twelve…」
10枚数え終わったのに、ジェスチャーで「絵ハガキ」を数え続ける。

私がno,noと笑って指を指したら、オジサンは「Ah,It's automatic!」と言って肩をすくめてみせた。
「Where are you from?」
「Japan」
「Ah. Japon! Welcome to Paris!」

とまあ、中1英語のような会話だけれど、Welcomeと言ってもらって、とても嬉しかった。
posted by marie at 19:04| パリ旅行 | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

パリ旅行~コミュニケーション編(1)~

coin.gif
成田空港でユーロ両替したものの、それは全て紙幣だった。コインには両替してくれないのだそうだ。しかし、パリに着いてみて思ったのだが、パリの生活ではコインが絶対に必要!

日本では自動販売機でお札を使うことができるけれど、こちらの自動販売機はコインオンリーだし、それどころか、小銭がなければトイレにすら入れないし、カフェに入ってチップを渡すこともできない。
パリの生活にコインは必須!

というわけで、はじめての会話は、ホテルのフロントで両替依頼だった。
しかし、私の知っているフランス語は挨拶ぐらいしかない。
「これを両替してください」とフランス語で何て言うのかわからない。
しょうがない、英語で言ってしまおう。通じるだろうか…

意を決して、フロントのお姉さんに、Bon soir!と挨拶して、20ユーロ札を差し出した。

Small change, s'il vous plait! 

それを聞いて、金髪で小顔(日本人から見ればフランス人は皆小顔だが)のお姉さんは明らかにふふっと笑ったが小銭に両替してくれた。

どうして笑われたんだろう?
英語にs'il vous plaitをつけて無理やりフランス語風にしたからだろうか?

とはいえ、私は初めてのコミュニケーションがうまくいったことに気を良くした。

この時より、「フランス語がわからなくても、英語とか身振り手振りとかで何とかなるものだ!人と人だもの、なんとかなる!」という妙な強気に後押しされ、一段と楽しくなる。
posted by marie at 18:00| パリ旅行 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。