2006年02月11日

パリ旅行~アメリ編~

「パリでどこが一番よかった?」と会社の人にきかれた。
どこも良かったから一番なんて選べないと思いつつも私は、モンマルトルと答えていた。

エッフェル塔や凱旋門やノートルダムなどの名所は、誰もが知っているだけあって、さすがに美しいし、一度見る価値はあると思う。とても綺麗だったし圧倒されたし、素敵だった。
mon09.jpg

でも、私はそれよりもなんの変哲もない街並が好きだ。
メトロにほとんど乗らず、パリの石畳の道を歩きまわったおかげで、足は痛くなったけれど、パリの街並の風景が目に焼き付いている。

mon04.gif

パリの街並の中でも、モンマルトル散策はとても楽しかった。
ユトリロの絵にありそうな場所がめじろ押し。
行く前にもっとユトリロの絵をいろいろ見ておけばさらに良かったかもしれない。


amelie.jpg

そしてモンマルトルといえば、やはり「アメリ」。
夫婦そろってアメリ好きなので、今回の旅行は「アメリ」な場所をまわるということが私達の暗黙の共通項となっていた。
パリ旅行に出かける前に二人で何度も何度も「アメリ」のDVDを見てばっちり"予習"した。

2mouluns.jpe
カフェ・ドゥ・ムーラン。
おしゃれなカフェというよりは、商店街の中にあるごく普通の喫茶店という感じ。TABACコーナーがなかったり、席の配置が違っていたりして、映画のイメージ通りというわけではない。でも「アメリ」のポスターははってある。


店内にはやはり「アメリ」好きと思われる日本人女性が10人ほどいて、カフェやクレームブリュレを注文している。わたしたちはショコラ・ショウを注文。お店の人が忙しいらしく、注文してもなかなかこない。周りを見渡すと日本人客ばかり。ここは日本?

colin.jpg

コリニョン食料品店。
土日は休みの店が多いときいたので月曜日に行ったのだが、閉まっている。
月曜定休なのだろうか? この周辺の店も閉まっているところが多く、さびしい印象。

colin02.jpg

ここにも「アメリ」のポスターがはってある。
カフェ・ドゥ・ムーランよりも映画のイメージが維持されている。
ここはもともとは違う名前の店だったのに、アメリ出演以降、映画と同じ「コリニョン」という店名に変えて、映画の際のデコレーションを残しイメージを維持するよう努力しているらしい。
緑色のシャッターには、野菜や果物が並べられているかのようなかわいらしいイラストが描いてある。

sacre.jpg

サクレクール寺院。
アメリとニノの追いかけっこ(?)を思い出す。ガイドブックに「かなり急な坂なので、階段をのぼるのがつらい人は横のモノレールを利用しよう」などと書いてあったが、そんなにものすごい階段というわけではない。

ここにくるまえに旅行会社のガイドに「サクレクールは刺繍糸で編んだミサンガを強引に売り付けようとする黒人達に要注意。ノンメルシーと言って強く拒んで!人気の観光スポットだからスリや置き引きにくれぐれも気をつけて。治安は決して良くありませんよ」などと口をすっぱくして注意されたので覚悟していたが、わたしなんて全然声すらかけられなかった。

sacre02.gif


それなりに荷物などに注意さえしていれば、全然問題ない場所だった。夜は知らないが、少なくとも昼間訪れるぶんには、景色の良いのどかな公園という感じで、ほのぼのする場所だ。

merry.gif

アメリに出てきたメリーゴーランド。


sacre.gif

サクレクールの中は一切撮影禁止で、入口でカメラを持っていると注意される。帽子をかぶって中にはいろうとする人も、帽子をとるよう注意され、私語厳禁。
「さすが本場の教会施設は厳格なんだなあ」と感心したが、その後に行ったノートルダムでは、カメラもビデオもOKだったし、帽子や私語も注意されている様子はなかった。あのノートルダムよりも厳格なサクレクールって一体・・・?







posted by marie at 18:02| パリ旅行 | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

パリ旅行~アコーディオン編~

無事にパリ旅行に行ってまいりました!
「パリ5日間」というツアー(とはいえほぼ自由行動)でしたが、実際にパリに泊まったのは3泊。あっという間でした。あまりに短くて、なんだか夢だったような気さえしてしまいます。
日本に戻ってきても、なかなか本腰をいれてパリ旅行記作成ができていません。今後、休日などを利用してぼちぼち作成していきたいと思います。のんびり更新になりそうですがどうぞおつきあいくださいませ。


パリ旅行~アコーディオン編~

パリのカフェやメトロに行ったらアコーディオン弾き(しかもボタン)がごろごろいて、流麗なミュゼットを楽しそうにエンドレスで弾いている……というような勝手なイメージを抱いていたのですが、そんなことはありませんでした。

パリ初日、道に迷って、思いがけず楽器屋街と思われるような通りに遭遇しましたが、店の外からそっとのぞいたところ、ギターやバイオリンや管楽器ばかりでアコーディオンはイラストすら見当たりません。

メトロの大きめの駅では誰かしらの演奏が聞こえてきて、「さすが芸術の都」という印象なのですが、ギターだったりフルートだったり、バイオリンだったり、なぜかアコーディオンの音色になかなか出会えません。

どこに行けばアコーディオンに会えるのだろうと思いつつ、パリ2日め、ベルサイユ宮殿に行こうとRER-Cに乗ったところ、やっと出会えました、アコーディオン弾き!

途中の駅で、ギター弾きとアコーディオン弾きのおじさんデュオが乗りこんできたのです。
彼らは乗り込むとすぐに電車のドアの前のスペースで立って演奏を始めました。演奏は…ジャカジャカジャカジャカ~ニギヤカというか騒がしい感じで、聞いたことのあるメロディの曲をメドレーで演奏しています。車内のお客さん達は割と冷ややかです。あまりうまい演奏というよりは騒音っぽいからかもしれません。
そして、演奏の終わりごろは、明らかにスピードが早くなって、私でも「あれ? 演奏走ってるんじゃ?」と思うぐらいになって「ジャンジャンッ!」という感じで一気に演奏を終え、帽子をもってチップをもらっていきます。幸いコインを持っていたので私もチップをあげました。
rer_acco.gif
その時に至近距離でアコーディオンを見たらボロボロでびっくり。
34鍵くらいピアノ式の赤いアコーディオンだったのですが、メロディ切り替えスイッチがとれてポッカリと穴があいていて、その両脇の部分はサビていたのです。

RERが次の駅に停車すると、彼らはあっという間に去っていきました。

メトロ構内での演奏は許可された人達だけれど、車内に乗り込んできての演奏は無許可の人達だと何かで読んだ記憶があります。演奏の最後がスピードアップしていたのは、次の駅に着く前にチップをもらう時間を作るための時間あわせだったのかもしれません。

日本でのアコーディオンライブなどとは全く違う、たくましい「生活力」みたいなものを感じた体験でした。

metro_acc02.gif

そして、パリ3日め、メトロのChamp de Mars Tour Eiffel駅で念願のメトロ演奏アコーディオン弾きに出会いました!メトロ構内はとても音の響きが良く、まるでお風呂場みたいに大きく響きます。

昨日のRERのアコーディオン弾きとは違う感じです。きちんとアコーディオンを勉強している人という感じがします。
metro_acco.jpg
メトロ構内での演奏は、RAPT社のオーディションに合格したミュージシャンということなので、さすがの腕前です。私が聴いたのは「愛しい人」「Valse Chinoise」「リベルタンゴ」など。あまり広くない通路だったせいか、目の前で止まって聴いているのは私くらいのものでしたが、通りすがりの人達が何人もケースにチップをいれていきます。

アコーディオンはマイク内臓のようで、アンプにつなげていました。そしてベースやパーカッションの打ち込み(?)をMDで流して、それと一緒に弾くスタイルの独奏でした。駅がBGMとしてかけているのかと思うくらい、駅中に演奏は響き渡っていました。

metro_acc01.gif

数曲演奏が終わったところで話しかけた男性がいたので、私も便乗して話しかけ(←英語)、写真を撮らせてもらいました。やさしい感じの人でした。アコのメーカーは guerde と読むのかしら?


d_mile.jpg

そして、メトロPlace de Clichyでダニエル・ミルのポスターを発見!
2/20の21時からコンサートがあるみたいです。滞在期間中だったら絶対に行ったんですが…。


パリ3日間のアコーディオンとの出会いはこんな感じでした。
posted by marie at 15:46| パリ旅行 | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

ホテル決定

パリ旅行のホテルが決定。
メトロのPORTE DE CLICHYからすぐ近くのホテル。




続きを読む
posted by marie at 01:17| パリ旅行 | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

飛行機の便が決定

パリ旅行の航空会社が決まった。大韓航空のエコノミー。
ホテルはまだわからないのだけれど、フライトの時間が判ったのでちょっと予定がたてやすくなった。(激安ツアーの為、私達は航空会社もホテルも選べない)

続きを読む
posted by marie at 19:11| パリ旅行 | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

2/3~2/7 パリ旅行に行ってきます

めでたく!
HISのパリ5日間¥49,800の電話予約成功しました!
2/3~2/7、パリに行ってきますっ。
続きを読む
posted by marie at 10:53| パリ旅行 | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

運試し

フランス好き、あるいは旅行好きの方にとっては大変邪道な選択でしょうが、某旅行会社の激安パック旅行「パリ5日間¥49800」の限定150名の電話予約に挑戦してみようと思っています。
続きを読む
posted by marie at 12:05| パリ旅行 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。